Page 13 of 18

カレントブランチにforce push しようとして、

$ git push -f

した。

 $ git push -f
Counting objects: 4, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (4/4), done.
Writing objects: 100% (4/4), 417 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 4 (delta 2), reused 0 (delta 0)
To git@github.com:kmc-jp/Klang.git
  + 2b0b0f8...c981d5c gtest -> gtest (forced update)
  + 9d8a0e8...3a1dc66 master -> master (forced update)

まだpull してなかったmaster までforce push して歴史がまきもどった。

なおさないといけない。

master9d8a0e8 に戻してpush するだけだろ と思った。 でも、手元に9d8a0e8 が無い。

http アクセスで直接9d8a0e8 のコミットオブジェクトを取ってきたらなんとかなるかと思ったけど、今はhttp では簡単には見えないらしい?

いろいろためしてたら、
ここ
よく見たら、"Find or create a branch…" って書いてある。

ここから適当なブランチを作成して手元にもってきてpush して元通り。

こわかった。

KMC からコーディング合宿で福井のあわら温泉に行っていました。

8/31 に東京からかえってきて、福井に新幹線で向かいました。
9/2 までずっとコーディングを行うような感じです。

今回のホテルは去年よりなかなか良かったです(小学生並の感想)。

今回コーディング合宿では、最近KMC 内で立っているプロジェクトのうちの一つ、新しい言語を作るプロジェクトKLang にのビルド手順を整えたりしていました。

レポジトリはここです。
ちょっとづつ進めて行きます。

あんまり進捗できなかったけど、ごはんがおいしくて温泉が良かったです(

ref

コーディング合宿に行ってきました - KMC活動ブログ

KLab さんが、8/30 に、六本木ヒルズでBoost Jam という名前のハッカソンを開いてくれたので、参加した。Google 検索しても、KLab のページに全く情報が無いっぽいんだけどこれ言ってもいいのよね……?(少くとも特に禁止はされなかった)

既にあるプロジェクトのコードを持ち込んで、それを強化(Boost) する趣旨のハッカソンだったので、私は2048 のAI を持っていった。(Tag: 2048、レポジトリはここ )

結果として、持ち込んだ時には、4096 が6割程度、8192 が1% 程度でしか作れなかったのが、8192 が10% 程度でつくれるようになった。

それが評価されて、一番Boost したで賞に選ばれて賞金を頂けました。

前泊・後泊、交通費まで用意してくれた上だったし、大変嬉しい話だった。

写真(のトリミング(めっちゃ顔うつってたりするからこれぐらいでゆるしてください……))

六本木ヒルズ、初めて行ったのですが、すごいセキュリティーも厳重らしくて、中の会社の人たちが持ってたりするカードキーをかざさないと、中に入れないだけではなく、エレベーターが動きすらしないらしい……。 六本木ヒルズで2048 AI の強化をするという、他にはなかなかいないような人になれた。

次の日(31日) からKMC のコーディング合宿だったのですが、朝から東京駅から帰る前に友人と会ってごはんを食べて、時間があったので皇居を見てまわった。はじめて行ったので良いはなしだった。

KLab(私のイメージではスクフェスが強い) の中のエンジニアさんと交流できたり、いろいろと楽しいイベントでした。中の人がもしこれを見ているとしたら、ありがとうございました。

二日目

一日目と違って人がいっぱいだった.

KMC ブースでは自作のゲームを展示していたらしい. 次はもっといいの展示できたらなぁ って感じする.

朝から@uwabami さんがKMC に入部したらしい. めでたい.

懇親会ではずっとコミュ症してた.

KMC の名刺が欲しいなぁ って言ったらそすうさんがそれっぽいの作ってくれていい話だった.

懇親会でLinux チョットデキルT-シャツをもらった.
そのTシャツをちょっと着てる@pastak

あとはだいぶ忘れてしまったので, 当時のツイートを貼っておきます.

これは一日目終わったあとのやつとそれに対するConoHa さんの反応.

さらにこんな反応があった

でコレ

ておくれポイントシールをいっぱいもらった@_primenumber

とりあえずこれぐらいで

ref

OSC京都の主な思い出 - ぱすたけ日記

オープンソースカンファレンス2014 Kansai@Kyoto - オープンソースの文化祭!

お昼ぐらいに目覚めて、KRP に行った。

最初なかなかKMC の人と合流できずに一人で回ってたらコミュ障なのでつらかった。

合流したあともいろんなところを回ってた。

さくらのクラウドConoHa のクーポンをもらったので遊んでみようと思う。

ConoHa の薄い本に、Docker についてのやつがあったので、Docker 入門してみようかなぁとか思ってる。

TOSHIBA のFlashAir の手に入る可能性のあるUFO キャッチャーとかもあった。取れなかったけど、デモを見てたら普通に買いたくなった。 以外と安い__

その後にごはんついていったら、なぜかこんなこと になった。いいはなし。

KMCには入部制限はありません。年齢や学歴、人種、宗教、信条、性別、社会的身分、門地、国籍、経験などは不問です。

また活動に関する制約もありません。IRCのチャット越しに会話に参加することだけでも大丈夫です。詳細は下記Webページを御覧ください。

入部案内 — 京大マイコンクラブ(KMC)

もしご興味がおありの方は、お近くのKMC部員にお声掛けいただくか、 info[a]kmc.gr.jpにご連絡ください。よろしくお願いします。

とりあえずめっちゃねむたいので今日はここまで。

とりあえず構築的な。

こことか見ながら。

$ git clone git://pdos.csail.mit.edu/xv6/xv6.git
$ cd xv6
$ make qemu QEMU=qemu-system-x86_64

$ make qemu

でいいらしいが、私の環境では、qemu というコマンドは入っていなかったので$(QEMU) を書きかえたら動いた。

適当にls とかcat とかwc とかが使える。

バツ押して終了できる。

$ make qemu-nox QEMU=qemu-system-x86_64

でX ではなく、端末上で同じように使える。 最初抜け方がわからなくてつらかったけど、qemu のドキュメントを読んでたら C-a x で終了できるらしい。(C-a h でヘルプも出る)

とりあえずこれぐらい。

KMC のホームページ は現在部室のサーバでホスティングされているのですが, 部室の掃除等でサーバが停止した際に外部向けのページが落ちるのはダサいので, いい感じにする方法を考えています.

私はS3 でホスティングするのが値段的にも良いと考えているので, S3 でホスティングする方法を調べていたところ, s3_website なるものを発見したので試してみた.

使い方はUsage に書いてあることそのままで,

s3_website cfg create

して

s3_website cfg apply

して

s3_website push

するだけ. (build にJekyll を使っていてそこでbundle を使っていたので実際はbundle の元で行った)

実際に置かれているのがこれ. ここ と同じものが今は置かれている.

手元にビルド前のファイルは置かれているので, 低冗長化ストレージでよいので, 月$0.0264 /GB で利用できる. 料金表

普通の静的サイトだと1GB も行かないので, 月3円程度でホスティングできる. 実際安い.

このページ(nna774.net) もS3 でホスティングしたいなぁ とは思ってるが, https を提供したいと思っているので, どうしようかなぁ って感じだ. 独自SSL は月600ドルとかかかってつらい.

とりあえず置いてみた.

Page 13 of 18