Page 10 of 17

何も考えてないけど、とりあえず毎日適当にブログ更新しようかなぁとか思っただけ。

以下リンク

日付タイトル(リンク)
一日目(12/01) NoNameA 774 アドベントカレンダー1日目
二日目(12/02) さっそく溜めてしまってた
三日目(12/03) ずっと寝ていた
四日目(12/04) さかのぼって書いた。そしてうだうだ書いてる。
五日目(12/05) モバマス日記だよ

そろそろネタバレありで感想書きたい感じもする。

こんなどうでも良いことを言ってるあいだにみんな見てください。

買いたい

少し前にHackers News で見かけたセルフホスト可能なC コンパイラ CC500

一通り読んだていどしかしてないけどおもしろそう。

ここにリンクがあるbcompiler - Bootstrapping a simple compiler from nothing とかも面白そう。

コンパイラ作る実験のある学部ではないので、バイナリバリバリしてないのでつらい。

外でGentoo がインストールしたくなった時でも、Arch インストールUSB があたのでインストールできたという話。 以下手順

  • archiso で起動
  • 適当にネットワーク設定等してインターネットに繋がるようにする。
  • Stage 3 を落としてきて、/mnt に展開
  • mount --rbind /proc/ /mnt/proc/
  • mount --rbind /dev/ /mnt/dev/
  • cp /etc/resolv.conf /mnt/etc
  • chroot /mnt /bin/bash
  • $PATH にいろいろ足りないので追加 export PATH=$PATH:/bin:/sbin:/usr/sbin
  • update-env してあとは普通にGentoo のdisk からchroot したのと同様に〜

昨日買ったのがバッテリーダメだったので、もういっこx61s をジャンクで購入。

最初からこっち買っといた方が良かったのではとか言わない。

まぁ繋ぎっぱなしでも動くから良い気もしなくもない。

llvm::Function::Create とかに渡すllvm::FunctionType* を生ポインタを使いたくなかったので、 std::unique_ptr<llvm::FunctionType> に保存していたらなぜかSEGV が発生してライブラリの 内部の関数で落ちてるっぽくてつらいなーと思ってた。 いろいろ変えてデバッグしてたら全部生ポインタに戻したら正常に動作した。 多分挙動からしてllvm::Function::Create が責任もって開放するような設計になってるんだと思う。

というメモ。

まちがってたり詳しい資料しってたりしたらおしえてくださいです。> @nonamea774 or nonamea774@gmail.com

手元のGCC は4.9.1 なのだけれど、 4.7 で上手くコンパイルできないという報告をKMC のプロジェクトの これで受けたので、古いのが欲しいなーと 思って探してみた。

AUR に古いヴァージョンのものは置いてあるっぽいですね。

gcc46, gcc47, gcc48 をとりあえず入れてみた。

あたりまえだけど自分でビルドしないといけないのでそこそこ時間がかかった。

古いversion のclang も欲しいなー と思って探したけどぱっと見では見付からなかった。 これだよとかあったら教えてください。

Page 10 of 17