Page 2 of 15

空っぽのHDL-GTを入手したので、それで遊ぶ。 io dataのNAS

普通に公式のマニュアルを見てリセットスイッチを押して起動しようとしてもうまくいかない。 インターネットで検索していると、専用のHDDに入った何かが必要らしい。

で、このへんの記事みなてると、「OPEN LANDISK PLATFORM」なるものがあるらしくて、それでググったらこういうものがみつかって、ここにいろいろある。 IO DATAにGPL請求してもいいらしい? まぁとにかくこのPDFを読みながらそのとおりにすると起動した。

一つだけひっかかったことは、gptでパーティション切ってたらダメだったことぐらい。

で、こんな感じ。

OLP02:~# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARM926EJ-Sid(wb) rev 0 (v5l)
BogoMIPS        : 266.24
Features        : swp half thumb fastmult edsp java
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 5TEJ
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0x926
CPU revision    : 0
Cache type      : write-back
Cache clean     : cp15 c7 ops
Cache lockdown  : format C
Cache format    : Harvard
I size          : 32768
I assoc         : 1
I line length   : 32
I sets          : 1024
D size          : 32768
D assoc         : 1
D line length   : 32
D sets          : 1024

Hardware        : MV-88fxx81
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000
OLP02:~# uname -a
Linux OLP02 2.6.12.6-arm1 #1 Tue Apr 17 16:31:59 JST 2007 armv5tejl GNU/Linux
OLP02:~# cat /etc/debian_version
4.0

etchつらいのでなんとかしたいな という感じ。

このへんを読みつつなんとかならないか試してみたい。

◎貴サークル「いっと☆わーくす!」は、木曜日 西地区“み”ブロック-27b に配置されました。

またPietの本を出します。 Pietについてはここに纏めています。

前回のC90には申し込んでいなかったので、一回飛ばして二回目の当選です。

Webカタログはこちらです。

サークルカットです。
サークルカット

gistに雑にけっこういろいろ溜まってきたので、このへんで一回自分の為にもindex作っておきたい。

徳の低いCSS系

binding.pryがあるとコミットさせない。

.serviceファイルとか

  • dataimage.service 時刻の入った画像を生成してくれるぞ!

  • update-ddns.sh cloudflareのAPIを叩いてDDNSをします。

  • mackerel-agent.service mackerel-agent用の

  • acpi.rb Google Cloud PlatformのプリエンプティブルVM(このへん)を普段よく使ってるので、そこで起動時と終了時にSlackに通知するやつ。 実はGCPで使う分にはshutdown-scriptとstartup-scriptをメタデータにしこめばこれば要らないんじゃないかという気もするけど試していない。

  • saku.service sshポートフォワードでトンネルを作ってくれるやつ。autossh.sericeのほうがいいのかも。

  • emacs daemonの設定 も便利なのでついでにここにメモっておきます。

その他

  • com.rb git com を矯正したかった時に使っていたやつ。

  • keybase.md keybase.ioの認証用。これが私です。keybase.ioの招待枠余ってるので、欲しかったら声かけてください。

  • .emacs 説明不要っぽい。

  • backupdir.sh cronでbackupする時に定フォルダに書きだしたりすればいいようにこれで毎日シンボリックリンクを貼ってたりしていた。

  • gist 家の中でのunboundの設定だったけど、RaspberryPiが止まってから今家の中でのDNSなくて不便だし、そのうちなんとかしなくちゃ。

  • proxy.pac 家の中にsquid立ててたけど今は止まっちゃってるな。

  • naniittenda_koitu.rb 何を言っとるんだゆゆ式を見ろ

はい

とりあえず最近の有用そうなのはこれぐらいか(最近とは)(有用とは)。

を部分的に導入してみた。

自分でレスポンシブの管理するのが大変だなと思ったので、グリッドシステムとかその周辺だけとりあえず使おうかと思って試してみた。 ら、デフォルトで有効になったリンクの色とか、「これなかなかいいんでは……」と思うようになったのでそのままちょっと使ってもいる。 ブートストラップ臭がするのと素人のデザインとだとやっぱ前者のほうが良い?

/blog/ でだけとりあえず有効にしたら、そうでないところ(例えば / )とかとの落差が酷すぎて笑う。 どうせ入れるなら全体に入れたほうがいいのかなー とも思うけど、コンテンツ殆どブログしかないし、とりあえず /blog/ だけで出してみた。 どっか狂ってたりしたら教えてください。

夏休みの宿題は溜める方ですが、新学期が始まる(これを考えるだけでお腹が痛くなってくる)前に負債を返しておきましょう。

ここまでのあらすじはここをご覧ください。

今更この記事を書く需要はほぼ無いかもしれないが、ここは自分のめもでもあるのでまぁ……。

気付いたら一月以上経っていた。

脱三厩

朝食を食べている時に見ていた天気予報ですね。

朝は竜飛岬で目覚めたので、しばらく観光パートです。 階段国道が近くにあり、一度行ってみたいと思っていたので、行きます。

この写真が撮れたので大分満足という話はあります。

すぐ近くに青函トンネル記念館があったので行きます。 坑道に入ったりとかします。 坑道から出る際、「ここが標高0m」の表示を見ると「ここで突然トンネルに浸水しても大丈夫だな」と安心します。 竜飛海底駅(現在は竜飛定点)に駅メモでチェックインもします。

で、青函トンネル記念館から出るといよいよヒッチハイクのスタートとなります。

青函トンネル記念館の駐車場でしばらく粘るも、そもそも2台しか車が止っていない というような状況でした。

しばらく「青森へ」と掲げてると(こういうのを掲げていた)、 通っていく車が見て笑ってくれていたりしていた(寝る前にヒッチハイクに関する記事をインターネットで読みまくって、そもそも見られていないと厳しいので、反応があるのはいいらしいということを学習していた)。

さらに暫く掲げていると、先の笑っていてくれてた車がまた通って、「三厩の方までだけど乗っていく?」みたいなことを言ってくれたので、 三厩駅まで載せてもらった。 車内で話を聞いていると、三厩周辺で新聞配達をしているおばさんらしかった。

で、三厩駅まで送ってもらったんですが、途中にキリスト教看板が同時に3つも目に入ってくるような所があったりして「すごいなー」と一人で思っていたりした。

三厩駅から近くのバイパスまで歩いて、さっきと同じ表示を掲げていたら、またしばらくすると載せてもらえる。 青函トンネルの関連の工事をしているおじさんらしく、青函トンネル入口広場や、奥津軽いまべつ駅で止まって見せてもらったりしながら新青森駅まで。

新青森につくと、雨が降ってきて、「弘前まで」と掲げていたが雨が強くなってきたので場所を変えようとしたがやっぱり戻ってきて、 掲げ始める前に、「さっき弘前に行きたいって書いてましたか?」って声かけてもらえてたいへんありがたかった。 弘前の実家に帰る青森住みのおにいさん。

車内でどういう風に帰ればいいかと作戦を建てていたが、弘前 → 盛岡 → 仙台 → 東京 と東京周りで帰るか、弘前から日本海側に向かい、北陸経由で帰るかの大きく2つの作戦であった。 弘前道の駅でおろしてもらって、とりあえず「盛岡方面」と出してみる(東北道で下る(方向的には上る))という作戦にしてみようという選択をした。

が、この選択が良くなかったのか、道の駅ひろさきに付いたのが14時で、3時間ぐらい「盛岡方向」と出していたが全く載せてもらえず。

うろうろしていたら突然円筒分水が出てきてびっくりした(庄司川幹線円筒分水)(17:30ごろ……)。円筒分水

18時越えたころ、みかねた(ずっと見てたわけではないけど)八幡平市住みの人が、「盛岡までは行かないけど」と載せてくれる。 八幡平周辺までつれていってくれた所で、泊まれる所が全然無いということが判明し、 「がんばって盛岡まで載せていってくれる人を探すしかないか……?」と考えてたら、 そのまま泊めてくれることとなった……。 ありがたく泊めてもらい二日目は八幡平にて終了。

というところで二日目はここまで、三日目に続く。 青森タグでまとまって見ることもできます。

Planetarianと君の名は。を見た。

君の名は。のほうは、各位の言っていた通り、わかりみを得たい感情となったので、外伝等を読み、消化してゆきます。

Planetarianは最高だったので、各位見てください。

http://key.visualarts.gr.jp/product/planetarian/hd_edition/買うかというきもちです。

各位見てくださいという感じなので詳しくは言わないですが、完全にああいう設定にそもそも弱いという感じで、ああいう展開にそもそも弱いという感じで完全に刺さった……。 完全によかった。

あらすじ

紀伊半島をまわってみたかったぼく。

はい

09/06、@lastcat_と共に18きっぷを使って紀伊半島を回った。

https://gyazo.com/5c840d3d0d9573eff59c2951638d8574 https://gyazo.com/18a84583daf243bdacdca7509402465f ジョルダン乗り換え検索

Glympseとかいうアプリで位置情報を共有してたらけっこう好評だった(これは青森の時に使っていたアプリで、はやく青森のブログの二日目以降を書く必要があります)。

リザルト画面

乗りつぶしオンライン

少しづつ進捗していきましょう。10年プロジェクトですね。

ここまでのあらすじ

三厩スタートだったのが、なんやかんや言ってたら竜飛岬の階段国道スタートに。

普段は自分がどこに居るとかだいたいわかってるのでそんなことないんですが、実感のないままに青森に来てしまってめっちゃびっくりした。

イマココ! 宿のHP

写真です。

切符です。
切符です

東北新幹線東京駅0キロポストです。平和ですね。
0キロポスト

三厩駅に着く直前の切符です。
切符です

三厩駅です。
駅です

状態です。

いまもう大分眠いのでもう寝ますが、さっき見ていた天気予報によると、明日は青森で記録的大雨だそうです。 いきなり暗いきもちになってきました。 台風が近付いてきてるので、できるだけ早く下りたい感じだったのですが、どうなるのか心配です。

とりあえずこれぐらいで。あとで写真を圧縮すべきかもしれない。

最近ブログを全然書いていないので、もっと雑に頻繁に更新していきましょう。 家計簿と同じで、もっと雑に高頻度で。

Dropboxを眺めていたら、

<img src="https://dropbox.com/hstsping" alt="" style="display:none;">

こんなのをみつけたので、真似してみた。 そもそもhttpにアクセス来たらhttpsに301してるし、あんまり意味ないんじゃないのかなー という気もしなくもないけど、Herokuで見たりしても、HSTS更新されるし良いかーという感じでつけた。

これ↓がこっそり読み込まれている。

ping

普段の画像は相対パス表記で書くようにしているけど、hstspingの用途としてはhttps://nna774.net/hstspng.pngが決め打ちで書かれている。

はい

これをすると同時にnna774.netのHSTSをinclude subdomainsにした。

それにともなって幾つかの自分用のURI(http://moe.nna774.net:3000なのをつかってたりしていた)を別のドメインに移して(お名前.comであたらしいのを取った)、 ついでにnna774.netのドメイン更新期限がちかかったのでしはらった。

今日はやっていったと言えるかな。 みなさんは、やっていってますか?

高野川が土曜日(8/20)にはありました。

こちらは川になる前の水素水です。

水素水を飲むことで内田真礼になれるということは良く知られており、内田真礼になりたいことは広く知られているので、水素水を飲みました。 水素水を飲むことにより、朝から頭痛だったものがたちどころに消え、どんどん気分が良くなっていったので、水素水には健康になる効果があります。 これはおそらく前日水分を取らずに寝つづけていたものが水素水の効果により水分不足が解消されたものと思われます。 水素水が健康に良いことは明らかなので、各位飲んで行きましょう。水素水であれば十分です。必要かどうかは、オッカムの剃刀でリストカットをして考えてください。

そして水素水が川となります。

これは水です。

水が流れていると、冷却され、夏に冷却されることはさまざまな面で有利となります。

また、水が流れていると、運動量を持ちます。 それによりお尻を打つと次の日まで痛いので注意しましょう。

流れにより、眼鏡が流されることもあったので、気をつけてください。 眼鏡が流されたと叫ぶことによって、周囲の水中ネガネを持った子供たちによって、眼鏡の捜索が得られます。 眼鏡が見付かるとめでたいので、水をかけあいます。 川にいる時点でとにかくみんなめでたいので、周囲の子供たちと水をかけあってふれあうなどの活動も発生します。

最初は裸足で川に入っていたのですが、途中で諦めて靴で川に入ることとしました。 川において諦めは大切です。 私の靴は、靴とサンダルの中間程度の靴で、普段の扱いとしてはサンダルであったのですが、物理的には靴なので、水につけることを躊躇していましたが、諦めは大切です。 靴を履くと、人類の文明の力を感じ、足が痛くありません。 足の裏の退化した人間が川を歩くとダメージを受けますが、靴はそれを守ってくれます。

膝下までの水で歩くのが困難になると言われていますが、それは事実で、水は大きな運動量を持ちます。 胸まで流れにつかると、一般には死を覚悟しましょう。

川に入ると大変に体力を消耗し、次の日に寝込むなどの影響があるので、注意しましょう(これには、前日までで疲れてもいましたが)。

まとめとして水素水は川となり、川の体験は最高なので、みなさまも休みの日には水素水を飲みまれいになり、川で流されると良いと思います。

Page 2 of 15