Page 4 of 17

夏休みの宿題は溜める方ですが、新学期が始まる(これを考えるだけでお腹が痛くなってくる)前に負債を返しておきましょう。

ここまでのあらすじはここをご覧ください。

今更この記事を書く需要はほぼ無いかもしれないが、ここは自分のめもでもあるのでまぁ……。

気付いたら一月以上経っていた。

脱三厩

朝食を食べている時に見ていた天気予報ですね。

朝は竜飛岬で目覚めたので、しばらく観光パートです。 階段国道が近くにあり、一度行ってみたいと思っていたので、行きます。

この写真が撮れたので大分満足という話はあります。

すぐ近くに青函トンネル記念館があったので行きます。 坑道に入ったりとかします。 坑道から出る際、「ここが標高0m」の表示を見ると「ここで突然トンネルに浸水しても大丈夫だな」と安心します。 竜飛海底駅(現在は竜飛定点)に駅メモでチェックインもします。

で、青函トンネル記念館から出るといよいよヒッチハイクのスタートとなります。

青函トンネル記念館の駐車場でしばらく粘るも、そもそも2台しか車が止っていない というような状況でした。

しばらく「青森へ」と掲げてると(こういうのを掲げていた)、 通っていく車が見て笑ってくれていたりしていた(寝る前にヒッチハイクに関する記事をインターネットで読みまくって、そもそも見られていないと厳しいので、反応があるのはいいらしいということを学習していた)。

さらに暫く掲げていると、先の笑っていてくれてた車がまた通って、「三厩の方までだけど乗っていく?」みたいなことを言ってくれたので、 三厩駅まで載せてもらった。 車内で話を聞いていると、三厩周辺で新聞配達をしているおばさんらしかった。

で、三厩駅まで送ってもらったんですが、途中にキリスト教看板が同時に3つも目に入ってくるような所があったりして「すごいなー」と一人で思っていたりした。

三厩駅から近くのバイパスまで歩いて、さっきと同じ表示を掲げていたら、またしばらくすると載せてもらえる。 青函トンネルの関連の工事をしているおじさんらしく、青函トンネル入口広場や、奥津軽いまべつ駅で止まって見せてもらったりしながら新青森駅まで。

新青森につくと、雨が降ってきて、「弘前まで」と掲げていたが雨が強くなってきたので場所を変えようとしたがやっぱり戻ってきて、 掲げ始める前に、「さっき弘前に行きたいって書いてましたか?」って声かけてもらえてたいへんありがたかった。 弘前の実家に帰る青森住みのおにいさん。

車内でどういう風に帰ればいいかと作戦を建てていたが、弘前 → 盛岡 → 仙台 → 東京 と東京周りで帰るか、弘前から日本海側に向かい、北陸経由で帰るかの大きく2つの作戦であった。 弘前道の駅でおろしてもらって、とりあえず「盛岡方面」と出してみる(東北道で下る(方向的には上る))という作戦にしてみようという選択をした。

が、この選択が良くなかったのか、道の駅ひろさきに付いたのが14時で、3時間ぐらい「盛岡方向」と出していたが全く載せてもらえず。

うろうろしていたら突然円筒分水が出てきてびっくりした(庄司川幹線円筒分水)(17:30ごろ……)。円筒分水

18時越えたころ、みかねた(ずっと見てたわけではないけど)八幡平市住みの人が、「盛岡までは行かないけど」と載せてくれる。 八幡平周辺までつれていってくれた所で、泊まれる所が全然無いということが判明し、 「がんばって盛岡まで載せていってくれる人を探すしかないか……?」と考えてたら、 そのまま泊めてくれることとなった……。 ありがたく泊めてもらい二日目は八幡平にて終了。

というところで二日目はここまで、三日目に続く。 青森タグでまとまって見ることもできます。

Planetarianと君の名は。を見た。

君の名は。のほうは、各位の言っていた通り、わかりみを得たい感情となったので、外伝等を読み、消化してゆきます。

Planetarianは最高だったので、各位見てください。

http://key.visualarts.gr.jp/product/planetarian/hd_edition/買うかというきもちです。

各位見てくださいという感じなので詳しくは言わないですが、完全にああいう設定にそもそも弱いという感じで、ああいう展開にそもそも弱いという感じで完全に刺さった……。 完全によかった。

あらすじ

紀伊半島をまわってみたかったぼく。

はい

09/06、@lastcat_と共に18きっぷを使って紀伊半島を回った。

https://gyazo.com/5c840d3d0d9573eff59c2951638d8574 https://gyazo.com/18a84583daf243bdacdca7509402465f ジョルダン乗り換え検索

Glympseとかいうアプリで位置情報を共有してたらけっこう好評だった(これは青森の時に使っていたアプリで、はやく青森のブログの二日目以降を書く必要があります)。

リザルト画面

乗りつぶしオンライン

少しづつ進捗していきましょう。10年プロジェクトですね。

ここまでのあらすじ

三厩スタートだったのが、なんやかんや言ってたら竜飛岬の階段国道スタートに。

普段は自分がどこに居るとかだいたいわかってるのでそんなことないんですが、実感のないままに青森に来てしまってめっちゃびっくりした。

イマココ! 宿のHP

写真です。

切符です。
切符です

東北新幹線東京駅0キロポストです。平和ですね。
0キロポスト

三厩駅に着く直前の切符です。
切符です

三厩駅です。
駅です

状態です。

いまもう大分眠いのでもう寝ますが、さっき見ていた天気予報によると、明日は青森で記録的大雨だそうです。 いきなり暗いきもちになってきました。 台風が近付いてきてるので、できるだけ早く下りたい感じだったのですが、どうなるのか心配です。

とりあえずこれぐらいで。あとで写真を圧縮すべきかもしれない。

最近ブログを全然書いていないので、もっと雑に頻繁に更新していきましょう。 家計簿と同じで、もっと雑に高頻度で。

Dropboxを眺めていたら、

<img src="https://dropbox.com/hstsping" alt="" style="display:none;">

こんなのをみつけたので、真似してみた。 そもそもhttpにアクセス来たらhttpsに301してるし、あんまり意味ないんじゃないのかなー という気もしなくもないけど、Herokuで見たりしても、HSTS更新されるし良いかーという感じでつけた。

これ↓がこっそり読み込まれている。

ping

普段の画像は相対パス表記で書くようにしているけど、hstspingの用途としてはhttps://nna774.net/hstspng.pngが決め打ちで書かれている。

はい

これをすると同時にnna774.netのHSTSをinclude subdomainsにした。

それにともなって幾つかの自分用のURI(http://moe.nna774.net:3000なのをつかってたりしていた)を別のドメインに移して(お名前.comであたらしいのを取った)、 ついでにnna774.netのドメイン更新期限がちかかったのでしはらった。

今日はやっていったと言えるかな。 みなさんは、やっていってますか?

高野川が土曜日(8/20)にはありました。

こちらは川になる前の水素水です。

水素水を飲むことで内田真礼になれるということは良く知られており、内田真礼になりたいことは広く知られているので、水素水を飲みました。 水素水を飲むことにより、朝から頭痛だったものがたちどころに消え、どんどん気分が良くなっていったので、水素水には健康になる効果があります。 これはおそらく前日水分を取らずに寝つづけていたものが水素水の効果により水分不足が解消されたものと思われます。 水素水が健康に良いことは明らかなので、各位飲んで行きましょう。水素水であれば十分です。必要かどうかは、オッカムの剃刀でリストカットをして考えてください。

そして水素水が川となります。

これは水です。

水が流れていると、冷却され、夏に冷却されることはさまざまな面で有利となります。

また、水が流れていると、運動量を持ちます。 それによりお尻を打つと次の日まで痛いので注意しましょう。

流れにより、眼鏡が流されることもあったので、気をつけてください。 眼鏡が流されたと叫ぶことによって、周囲の水中ネガネを持った子供たちによって、眼鏡の捜索が得られます。 眼鏡が見付かるとめでたいので、水をかけあいます。 川にいる時点でとにかくみんなめでたいので、周囲の子供たちと水をかけあってふれあうなどの活動も発生します。

最初は裸足で川に入っていたのですが、途中で諦めて靴で川に入ることとしました。 川において諦めは大切です。 私の靴は、靴とサンダルの中間程度の靴で、普段の扱いとしてはサンダルであったのですが、物理的には靴なので、水につけることを躊躇していましたが、諦めは大切です。 靴を履くと、人類の文明の力を感じ、足が痛くありません。 足の裏の退化した人間が川を歩くとダメージを受けますが、靴はそれを守ってくれます。

膝下までの水で歩くのが困難になると言われていますが、それは事実で、水は大きな運動量を持ちます。 胸まで流れにつかると、一般には死を覚悟しましょう。

川に入ると大変に体力を消耗し、次の日に寝込むなどの影響があるので、注意しましょう(これには、前日までで疲れてもいましたが)。

まとめとして水素水は川となり、川の体験は最高なので、みなさまも休みの日には水素水を飲みまれいになり、川で流されると良いと思います。

2016-07-18T20:39:47.945+0900 E STORAGE  [conn2] WiredTiger (12) [1468841987:945104][23859:0x7f9b2a6f6700], file:collection-2-4772634932404760316.wt, WT_CURSOR.search: memory allocation of 2748
4 bytes failed: Cannot allocate memory
2016-07-18T20:39:47.945+0900 I -        [conn2] Invariant failure: seekRet resulted in status UnknownError: 12: Cannot allocate memory at src/mongo/db/storage/wiredtiger/wiredtiger_record_stor
e.cpp 527
2016-07-18T20:39:47.965+0900 F -        [conn2] out of memory.

うあー

Kagoyaのサーバ、保証1GBなの、地味に少ないな……。

どうしようかな……。

Pietについての解説は「Pietのエディタを作った話」に譲ります。ぴえーっ!

アイコンでnonaって出したらおもしろいかなー とふと思って、描いたけどあんまりうまくできなかった。

nona icon piet

このアイコン(左上にもありますね(いつまでもあるかどうかはわからないけど))です。 細部は異なる。

nona icon

突然おもいたって描いただけなのでこれで終わりなので、少し宣伝的な。

どちらもKMCの人がつくったものです。 KMCには手でPietを描きまくっている頭のおかしな人々も居ます。 既に今日もわたしを除いて1枚がSlackの#pietチャンネルにアップロードされていました。 意味不明です。

私にとってPietは生成するものです……。 nna774/piet-automataを以前書いていて、 詳しくは「Pietのコードを自動生成するものを作った。」にありますが(ぜんぜん詳しくなかった……)、 疑似命令列からPietのソースコードを生成するようなものです。 今回の上記のPietだと、実際行なっているのは、

PUSH 22
PUSH 5
MUL
DUP
DUP
OUTC
PUSH 1
ADD
OUTC
OUTC
PUSH 4
PUSH 16
OUTC

のようなことをやっております(nはAsciiで110、oは111、@は64)。 この疑似命令が何かという説明は今のところはどこにも無いのですが、なんとなく(Pietを描いたことのある人ならば)想像でわかってもらいたい感じです(すごく対象が狭い……)。

で、このPietを描くのには2時間ぐらい? かかったのですが、piet-automataをつかって30秒ぐらいで生成した画像がこちらです。 同じ出力をしてくれます。

non@

ソースはこちらです。

PUSH 110
DUP
DUP
OUTC
PUSH 1
ADD
OUTC
OUTC
PUSH 64
OUTC

やっぱりPietは手で描くものじゃないですね!

より広くPietに関することはPietタグにあります。

さらに宣伝

こちらより読めます。

C89の本はどうしよう……(奇跡的にコミケで完売してなんとか制作費の回収もできているので、あれですが、買ってくれた人にもうしわけなしなので公開をどうしようか悩んでいる)。もう一回ぐらいイベントに出したいけど、C90には申し込んでないんだよなぁ。

2016/07/18 追記
以下のツイートが消えていることに気付いたので、ちょっと見てみたら(2016年7月18日閲覧)、

運用停止後の「cyberjapan.jp」ドメインの取り扱いについては、「ドメイン管理ガイド(1.0版)」[PDF 465KB](平成27年6月5日内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室)(※2)に基づき、継続的に検討していきます。

だそうで、なんとか考えなおして貰えたようで。ひとまずめでたいですね。
2016/07/18 追記ここまで

国土地理院が、現在所有しているドメイン cyberjapan.jp を捨てるらしい。

このツイートがRTで回ってきて知ったのだが、まさにそうである。

こんな感じのことが書いてある。

旧地理院地図・電子国土Webドメイン「cyberjapan.jp」廃止のお知らせ|国土地理院 http://www.gsi.go.jp/johofukyu/johofukyu40060.html (2016/05/13閲覧)

旧地理院地図・電子国土Webドメイン「cyberjapan.jp」廃止のお知らせ 旧地理院地図・電子国土Webで利用していたドメイン「cyberjapan.jp」を平成30年度に廃止します。 廃止後、国土地理院はドメイン「cyberjapan.jp」の保持を行いませんので、ご留意ください。 廃止するドメインについて cyberjapan.jp (portal.cyberjapan.jp, search.cyberjapan.jp, gp.cyberjapan.jp を含みます。)

国土地理院がドメインを放棄すると、そのドメイン cyberjapan.jp はどうなると予想されるだろうか。

一般的な[要出典]期限が切れた後はドメイン業者が押さえて、あの画像が出るようになってその後訪れた人が悲しむだけで済むだろう。

しかしcyberjapan.jp のような、更新されないリンクがあったり、見に来る人が存在するようなドメインの場合は、誰かに買われて、怪しいサイトに使われることが予想される。 私がもし悪い人で、このドメインを手に入れることができたなら、フィッシングサイトか(もともと政府が使っていたドメインなので、うまく作れば騙せるかもしれない)、アダルトサイトを運用するでしょう(実際私がもし手に入れる事があれば、悪用されないように廃止されたと書いて maps.gsi.go.jp とかに誘導しますが……)。

旧地理院地図・電子国土Webドメイン「cyberjapan.jp」廃止のお知らせ|国土地理院

結構いいドメイン名だし奪取待ったなしだよなー 最初からgoドメインでやっておけば

2016/05/13 10:47
旧地理院地図・電子国土Webドメイン「cyberjapan.jp」廃止のお知らせ|国土地理院

それくらい税金使っていいから保持してくれ

2016/05/13 11:12
旧地理院地図・電子国土Webドメイン「cyberjapan.jp」廃止のお知らせ|国土地理院

現状でも一部はmaps.gsi.go.jpにリダイレクトされるようだし、ドメインは持ち続けて「廃止しました」ペライチページにリダイレクトした方が良いんじゃない?

2016/05/13 14:23

頼む~~。

もしこのまま何も変わらずに、そのまま廃止されたら、その後一年後にはアダルトサイトとなっていることに私は賭けます。

是非偉い人が考えなおして、そのような事態とならないことを望みます……。

気づいたらまた結構放置していた。 もうちょっと頻繁にどうでもいいこととかも書いて更新したいんだけど……。

3月はずっと旅行をしていた感じ。 適当に時系列順に書いていく。

北海道

2/29の夜に関空に行って(ちなみに関空に京都から行くには関空アクセスきっぷが便利です)、 関空で一晩寝て(けっこうしんどかった(寒かったから というのもあるかもしれないけれど))、 3/1に仙台に飛ぶ。 山形に寄って仙台に戻ってから盛岡まで在来線で下って一泊。 盛岡からいわて銀河鉄道と青い森鉄道で青森駅に行って、はまなすにのって札幌へ。 はまなすにのるための北海道旅行だった。 3日の朝に札幌に着いて、高校の同級生の北大に行ってる人のところに泊めてもらう。 あんまり札幌では何もできずにダラダラと過ごして、 5日の夜に苫小牧からフェリーに乗る。 フェリーの中でツイッターできずにメモにいろいろ書いていたのが前回の記事。 北海道ちゃんと回りたいけど、もっといいシーズンに行きたいな。 普通に行くなら新千歳まで飛行機でシュッと行くのがいいですね。 また行きたい。

これがGoogle Photosのアルバムです。 今見たら書いてなかったけど金田一温泉とかも良かったな。 全然行くと思ってなかったけど、青い森鉄道乗ってる時にアナウンスで次は温泉だと言われた時、 温泉と聞いてなんとなく降りてみようと思って素早くジョルダンで降りても大丈夫か調べたら余裕があったので、 何があるとかも調べずに降りる。 温泉はあるやろ。 駅メモのいわてコラボ(ちょうどやってたので缶バッチもらえたりした)の指定駅でもあったし大丈夫! と思ってた。 温泉は良かったんだけど、ゆっくりしすぎて乗ろうと思っていた電車を逃す。 それでも時間に余裕はあったんだけど(まぁ一日で盛岡から青森まで行くだけの日だったし)、 次の電車が1時間後とかで待合室でストーブにあたりながらのんびり待つことになった。

あとフェリー乗り場まで電車で最寄り駅までそこから歩いた結果。

事前にストリートビューで見てたからほんとになにもないということは知ってたけど、 街灯すらなくてスマートフォンのライトを頼りに歩いてた。 まず人と会わないだろうけど会ったらこわいなーと思っていたがまさか熊とは……(バスが有ることは知ってたんだけど、北海道東日本パスを買っててJRが無料ということと、ちょっと歩いてみたいなーと思ってケチってた)。

で、3/9から13まで花背山の家でKMCの春合宿。 インターネットが得づらくて息苦しい。 花背山の家まで蔵馬から歩く計画を立てていたが、 当日雨が降っていたので諦めてバス。 今年は雪がもう溶けていたのでチャンスだったので残念。

沖縄

春合宿に行く直前3/8に、@lastcat_と東山湯で話していたら、 15日から19日まで沖縄に行くらしい。 誘われたけれど、行きたいなー とは思ったけど、 流石に北海道旅行でお金結構使ったしなぁ と思って諦めようとしたが、 調べていたら往復13kぐらいでLCCで取れることがわかったので、 取ってしまった。完全にミス。

春合宿が13まであったのに15の昼出発。 沖縄でどこ泊まるかとか何をするかとか全く考えずに行った。

一日目はとりあえず国際通りを見て回って、 ここに泊まった。 普通のゲストハウスという感じで、安さ(800円のプランにした)の割にめっちゃ快適だった。 そこで話し合った結果沖縄の世界遺産を見て回るという感じになったので、

次の日レンタカーを借りて座喜味城に行き、 美ら海水族館にいった。 そのまま北上して北端の辺戸岬に行き(夜に崎に行くと怖いということがわかりました)、 だいぶ戻って331号線沿いのローソンで車中泊。

次の日は今帰仁城跡、勝連城跡、海の駅 あやはし館と行き、中城城跡に行く。 この辺の順序は昨日の美ら海水族館とか含めると最適化の余地はありそう。

中城城跡、行ってみたら廃墟として有名な中城高原ホテルがあってびっくりした。 沖縄のチャイナタウンという呼び方で有名な廃墟で、 名前と見た目と沖縄にあるということしか知らなかったので、 似てるなーとは思ったけどそれだと全然気付けなかった。 もしかして…… と思って、「沖縄 廃墟」でぐぐったらそれでびっくりした。 中の様子の動画とかもYouTubeとかに上がってて見たことあったりした。 実物見れたのは感動。 廃墟に突入できるような装備では無かったし勿論入ってはいないです。 適切な装備なしに廃墟に行くのは自殺行為だとよく聞きます(廃墟系のサイト見るのすき)。

で、那覇市に帰ってきて首里城の近くの世界遺産を見ていこうとしたんだけど、 遅かったのでチケット売ってる時間が終わってたので後に回すことに。 適当に楽天トラベルで調べて泊まったけど2000円した割に1日目に泊まったとこのほうがはるかに良いという感想だった……。 まぁ部屋に鍵はかかるという点の値段なのかなぁ(その鍵も信頼できなさそうではあったが)。

で次の日は南の方を回る。 ひめゆりの塔を軽く見たりして斎場御嶽へ。 最大の御嶽らしい。 御嶽、拝み所ということはわかるけど、本土の概念に適当にマッピングすると神社みたいなものなのだろうか。 自然信仰の類なのかなぁと思うけどちょっとわからない。 何にせよ聖地。 で、北端の崎に行ったので、今度は南端の岬。喜屋武岬。 こんなのが地面に埋め込まれてあって、 自殺かな? と思ったけど調べてみたらやっぱりそうっぽい。 実は最南端はここじゃないということで荒崎に移動。 怖い。 で、旧海軍司令部壕に行って防空壕のなか見て、 沖縄住みの後輩が言ってた三竹寿というつけ麺屋に行く。 車を返してその日はおしまい。 また一日目と同じくCamCamに泊まる。

最終日、体調が悪かったので猫さんとは別行動。 猫さんは首里城に行ってたらしい。 まぁ首里城はまた沖縄来た時にゆりかもめもあるし気軽に行けるか……と思って諦めた。

こんなこと言ってた。許さん。私も行きたい。

一方私の方。 体調悪かったのに、前日すごく並んでたラーメン屋さんが前通った時後5分ぐらいで開店で、 ほんの少ししか並んでなかったのをみてつい並んでしまった。 暖暮 ってとこ。まぁ美味しかったと思うけど特別記憶に残ってはいない。 その後はA&Wに行ってダラダラとして、 SUBWAYにいってダラダラとしてという感じだった。 微妙にしんどくてあんまりどっか行こうという気にもなれないがゆっくりできるところもない という感じ。 デパートの上のベンチに座って、ファミリーマートで買ったシークワーサー泡盛を飲んでいた。 ちょっとアレだ。

はい。

明暗

で、なんだかんだしてたら飛行機に乗って関空に。 0時台とかについても帰れないなーと思ってたけど、 バスで梅田までは出れた(たかかった……)(でも関空に泊まる元気はなかった……)。 まぁ梅田でネカフェに入って始発まで寝る。 で阪急で帰って烏丸からバスで家について寝る。 という感じだった。 関空でアイリスオーヤマの10円の芝刈り機注文してた。

という感じです。 これがアルバムです。 すごく雑に行ったけど結構楽しかった。 後宿泊費めっちゃ安かったので、一月とか沖縄滞在してリモートでバイトしながら過ごすとかもワンチャンある感じだった。 まぁまた行きたいですね。

とまぁ雑に記した。

Page 4 of 17